利尿作用

マカの作用は?

マカは冒頭で述べたように、精力に悩む成人男性のみならず、ホルモンバランスを整えたい女性や排尿問題を抱える方・更年期に悩む方も、そして野菜(植物)なので子どもも摂取することができるので、老若男女を問わず幅広く利用できるのです。
NASAが宇宙食としても使用するなど、その作用は注目度が高まってきています。

今では健康食品として認知度の高いマカですが、国内に広く知られるようになったのはここ20年くらいと比較的最近なのです。
その理由には、原産国であるペルーで約2000年も前から薬用ハーブや食用として利用されていたものの、他国には未加工のままで輸出することが禁じられている貴重な資源だという影響もあるようです。

具体的にマカがどのように作用するのか、代表的なものを挙げていきましょう。
まず、男性の精力アップ・性機能を向上させる作用です。
薬ではないので即効性があるわけではありませんが、長期的にホルモンのバランスを整え勃起不全や勃起障がいの悩み改善に効果が期待できます。
心が原因ともいわれる精力の減退にも、疲労回復http://www.hwi.org/hirou.htmlや自律神経のバランスを調整してくれる作用により改善が期待できるそうです。

次に、女性の月経・排卵トラブルを改善する作用です。
マカに多く含まれるアミノ酸の一種アルギニンは、エストロゲン(女性ホルモン)に似た働きでホルモンバランスを整え、それが月経(排卵)不順や周期の安定に繋がるといった効果が期待できます。
そのことが不妊の改善に繋がることもあり、不妊対策http://love-maker.jp/m_0007.htmlとして摂取する人も多いようです。
更年期障害もホルモンのバランスが崩れることで起きる女性に多いトラブルで、この症状改善にも作用するといわれています。

そして、高齢者に増えてくる排尿トラブルへの作用です。
グルタミン酸・アスパラギン酸などのアミノ酸が、アンモニアの解毒や体外への排出に作用することから利尿作用・排尿機能向上への効果が期待でき、もちろん体の浮腫みなど改善してくれます。

最後に、滋養強壮や活力を上げる作用ですが、マカには18種類ものアミノ酸が含まれており、体内では生成できない9種類のアミノ酸全てが含まれています。
このアミノ酸は、大脳の活動活性や筋肉・血液細胞・皮膚の材料になる重要な作用があり、摂取をすることで滋養強壮や疲労回復、活力を上げることができ体が元気になれますよ。
滋養強壮効果と高い栄養価が注目され、審査が厳しいNASAの宇宙食にも正式採用されているのです。

栄養が豊富な野菜(植物)なので子どもも摂取することができますが、その際には精力剤などの他成分が配合されているものではなく、純粋にマカのみで作られたものを摂取するように気を付けましょう。

性別や年齢を問わないだけでなく、幅広い効果・効能が得られる理由は、マカに含まれる18種類ものアミノ酸にあるようです。
体の悩みや問題に直接作用するというよりは、バランスを整えることや栄養を補うことにより健康な体作りが出来るので、その結果、悩みや問題改善に繋がるといえるでしょう。
しかし、数々の商品が出ている現在では、成分や効能をしっかり確認した上で自分に合った商品選びを心掛けるようにしましょう。