利尿作用

マカとヘルペスの関係性を知る

痛みと痒みに加え、なんとも見た目が気になってしまうヘルペスですが、消えたと思っても体調によりまた出て来てしまう厄介な病気です。
マカは日本で知られるようになってから、その効果と栄養価が非常に高いことで人気の健康食品となっています。
マカの効果がヘルペスにどのように作用するのか探ってみました。

ヘルペスとは、小さいプツプツとした水ぶくれが出来る皮膚疾患のことで、そのウイルスは体のどの部分にも感染しますが、出来る場所は口唇や性器が多いと言われています。
日本人は70~80%の人が何らかの形で感染しているものの、感染してもおよそ70%は無症状なため、感染に気付きにくい病気でもあります。
また、ヘルペスウイルスは脊髄などに潜み、体調を崩すなどして免疫力が低下すると活動を開始するのです。

では、どうすればウイルスの増殖を防げるのでしようか。
1番有効とされているのは、リジンという成分です。
リジンは、ヘルペスウイルスの抑制効果が高いとされる、体内では生成できないアミノ酸の一種です。
しかし、日本人が主食とする米や小麦には、リジンが微量しか含まれていません。
そのため、日本人はリジン不足に陥りやすいといえるかもしれません。

そこで出番となるのがマカです。
滋養強壮や精力増強以外にも、高い栄養価がある植物として、現在注目が集まっています。
食べ物でリジンを摂取するとなると不可能ではないものの、やはり難しい部分が多いですが、リジンが多く含まれているマカは、サプリメントなどで手軽に摂取することが可能です。
マカにはリジン以外にも多くのアミノ酸・ミネラル・ビタミンが含まれているため、ヘルペスへの作用だけでなく健康な体作りへと導いてくれるのです。

ただ、体質や効果には個人差がありますので、合わないと思ったら摂取を止めるなど、自分の体に合わせて調整する必要はあるといえます。

ヘルペスの不快な症状を避けたいなら、健康を維持し免疫力を高める必要があります。
さらに、ウイルス抑制に効果的な栄養素を摂取することも大切です。
マカは、ヘルペスウイルスを抑制するリジンを含め多くの栄養を摂取することが出来るので、ヘルペスの症状軽減や再発防止に最適な健康食品といえるのではないでしょうか。