利尿作用

マカと排卵の関係性

不妊の原因にはいくつかありますが、ホルモンのバランスが乱れることにより、生理不順や正常な排卵が行われず、結果それが不妊に繋がることがあるそうです。
現代では、ストレスによるホルモンバランスの乱れも少なくないようですが、マカに含まれる豊富な栄養素にはそれを整える作用があります。

マカが女性におすすめな理由として、無排卵や排卵不順の改善に作用し、不妊治療として用いられることがあげられます。
実際に不妊の方がマカを摂取してから妊娠できたという事例も多く、豊富に含まれているアミノ酸・ミネラル・ビタミンが有効に機能するからではないかといわれており、特にアミノ酸の一種であるアルギニンは、女性ホルモンで排卵に関わってくるエストロゲンと似た働きをしてくれるのです。

エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれており、卵胞の成長サポートや熟成を促す働きをしています。
エストロゲンが正常に分泌されなくなると、生理不順、排卵障害などいわばホルモンのバランスが崩れた状態になります。
そのエストロゲンに似た働きをする植物成分をフェトエストロゲンといい、これこそがアルギニンなのです。

ちなみに、マカにはホルモンのバランスを正常に導く作用はありますが、摂取する体調やその時の状況によって個人差があります。
より効果を実感するためにも、普段から正しい食生活や睡眠時間を取るなど、体内環境を整えながらサプリメントを利用してみるのがオススメです。
心身のバランスを整える、または体質改善の効果がある、と言う認識で摂取してみるとよいでしょう。

マカには、エストロゲンの働きに似た植物由来のアミノ酸であるアルギニンが豊富に含まれていることで、ホルモンのバランスを整える作用が働き、マカによって排卵が正常に行われることや排卵周期が安定することに繋がるようです。
とはいえ体に入れるものなので、商品選びや自分の体への影響など配慮することを忘れず摂取するようにしたいものです。